札幌のSEO/SXOユニット

デュオトーン

Google 検索結果

検索結果への表示される目次リンク(スニペット)についてのベストプラクティス

投稿日:

検索結果への表示される目次リンク(スニペット)についてのベストプラクティス。

明日はどうなるかわからないが、WordPressのプラグインTOC+による見出しリンクが検索結果に表示される率が高く、意外と自分の検証だとクリック率がたかい。

こういうやつ

TOC+使うならキー見出しは18文字

リンク文字列が途中で切れるよりはピッタリいくほうがよく、上記の例だと

  • ‎アフィンガーカスタマイズ講座→14文字
  • Affingerカスタマイズの基本→17文字
  • アフィンガー(affinger)→16文字

となっており、いずれも18文字以内に収められている。

ということは、着地点として使える見出しブロック(ニュアンスとしてページ内でランディング地点としてもじゅうぶん使えるブロック)は18文字以内におさめておくと、ちょうどいいのではないか。

まとめ

他にもこの目次リンクが表示されやすくなる条件があるので、今後まとめていくかもしれない。

 

 

-Google, 検索結果

Copyright© デュオトーン , 2018 All Rights Reserved.