札幌のSEO/SXOユニット

デュオトーン

WordPress アフィンガー

WPやテーマ・プラグインの仕組みを理解してアフィンガーに依存しないでアフィンガーを使おう

投稿日:

Solo
Solo
なんでアフィンガーの機能だけでなんでも管理するのを嫌がるの?みたいな(意訳だけど)話があったので記事で回答しゃす。

この記事の話題

アフィンガーの投稿画面にもページタイトルとかメタディスクリプション入れる欄あるけど、SoloさんはSEOプラグインのYoastSEOで管理しています。それはなんでやねん。って話。

この記事の内容を理解する3STEP

内容ざっくり

  • WordPressってこんな感じで動いてるんで
  • プラグインとかテーマとかごちゃってるけど
  • けっきょくアフィンガーに主導権わたしっぱなしだと面倒だからこうしてるねんって話

1:WordPressってこんな感じで動いてる

WordPress
WordPressは基本的にPHPとデータベースでできているシステムです。

ざっくり解説してるだけなので記事に関係ないところは都合よく省略してます。

超簡単にいうと、人がWPの入っているURLにアクセスするとそのURLに対応する記事の情報をPHPがWPを通じて、データベースからとってきます。

その記事の情報は、記事の画像やページタイトルの文言だったり、ほぼHTMLです。

そのDBからもってきた記事の部分を、テーマファイルのデザインに乗っけて表示する、ということをしています。

2:テーマファイルのしていること

WordPress
テーマは、デザインと管理画面を司っているものです(ざっくりいうと)。

実はアフィンガーとかのテーマファイルは、実際にサイトを見たときの「デザイン」をつくる役割と、もうひとつ大きな役割があります。

管理画面です。

実際に「おすすめWordPressテーマ」とかだと、管理画面にどんな機能があるのか、という点も比較されるじゃないですか。

このアフィンガー5WINGだと、「AFFINGER5管理ページ」や「ビジュアルエディタ」のタグなどですね。

もちろん記事投稿画面のアフィンガーの「ページタイトル」「メタディスクリプション」もアフィンガー5WINGの機能のひとつです。

※記事タイトルの欄じゃなくてアフィンガーのカスタム部分なので、アフィンガーカスタムページタイトル、アフィンガーカスタムメタディスクリプションと呼びます。

この「アフィンガーカスタムページタイトル」「アフィンガーカスタムメタディスクリプション」で設定したタイトルやメタディスクリプションのテキスト情報って、データベースに保存されているんですよね。

記事名

人によっては、記事名と、SEOでのページタイトルは別の文言出したい人いるじゃないですか。

「アフィンガーカスタムページタイトル」は別々にしたい人が使いますよね。

でもこの「アフィンガーカスタムXXXX」で保存したテキスト情報ってアフィンガー専用なので、テーマアフィンガーを外観で設定しているときだけ見られるようになる項目です。

つまり、アフィンガーじゃないテーマ、コクーンとかSANGOとかにすると表示できないし、再利用できないんですよね。

一応データベースに保存されているので、コクーンにしてまたアフィンガーにしたならまた再利用できます。

3:アフィンガーに依存しないようにしてる

WordPress
アフィンガーに依存するとこしないところをWPの仕組みを理解した上で切り分けよう(ざっくりいうと)。

要はSoloはアフィンガーを使いながらアフィンガーに依存しないようにしてるってことですね。

具体的には、SEOのページタイトルやメタディスクリプションはプラグイン「YoastSEO」で出しています。

▼投稿画面にあるYoastSEOのSEO系設定入力欄。

だってもしテンプレ変えた時に500記事600記事あるサイトのすべての記事に、せっかくつけたアフィンガーカスタムタイトルやアフィンガーカスタムディスクリプションからコピーして再度書き直し、更新ボタン押すなんて面倒すぎませんか。

問題点:

  • アフィンガー経由でアフィンガーカスタムタイトル、アフィンガーカスタムディスクリプションの設定すると、そこに保存したテキスト情報がアフィンガー以外にしたときに使えない
  • テーマを変えたときもオリジナルディスクリプションとかを使いたいから、テーマに依存しないでプラグイン経由で各記事にディスクリプションを設定している
  • アフィンガーは更新が多い。それだけリセットを押す機会も多いので、リスクヘッジにSEO系の管理とテーマの管理を切り分けた形。

Soloの解決策:そこでプラグイン経由で管理する

WordPress
SEO系はそう簡単にエラー出せないのでプラグイン経由で管理してます。

WordPressにはいろいろなことができるものがいろいろありますね。

プラグインです。

プラグインはテーマファイルとは別の設定ができるし、YoastSEOはSEOデータをCSVで保存できて、他のSEOプラグイン使う時にインポートもできます。

まとめ

WordPress
ドコ経由で保存するのが「自分にとって」一番利便性が高いか・管理しやすいかってことですね。

面倒だからアフィンガーで一括管理というのも理解できます。それ自体悪いことではないですし、ごちゃごちゃしているよりも、無駄なプラグイン入れないことですっきりします。

プラグイン自体にエラーが起きないこともないです。

ドコ経由で保存するのが「自分にとって」一番利便性が高いか・管理しやすいかってことですね。

-WordPress, アフィンガー

Copyright© デュオトーン , 2018 All Rights Reserved.